車の美 追求講座

剥離したらすぐ張替えを

剥離したらすぐ張替えを

剥離したらすぐ張替えを プロテクションフィルムは、マイカーのボディーを傷や汚れから保護出来る効果があります。
大切なマイカーだからこそ、長く良好な状態で乗り続けたい方が多いです。
そこで、プロテクションフィルムをマイカーのボディー表面に施工すると、傷付きや汚れから守る事が出来ます。
プロテクションフィルムは、一度施工をすれば5年近くは耐久性があります。
環境によっては、5年以上フィルムが良い状態で保ち続ける事が出来るのです。
その間は、飛び石による傷付きや紫外線の照射による塗装膜の劣化などからボディーを保護出来ます。
プロテクションフィルムが劣化して、剥離してきた場合には張替えを行う事が必要です。
フィルム表面が傷付いてしまったり、汚れが著しくなった時には早い段階で張替える事が必要となります。
大切なマイカーのため、新車のような外観を保ちたいです。
フィルムを施工して綺麗な塗装面を維持するとともに、剥離したり傷付いた時には張替えると良いです。

変色などの環境悪化にも対応するプロテクションフィルム

変色などの環境悪化にも対応するプロテクションフィルム 車のボディは雨や風、虫の飛来や飛び石などによる車体の汚れや傷つきなどの恐れを常に感じながら走行、停車していて、さらに最近では環境の悪化による黄砂の飛来や紫外線を含んだ日光などにより、傷や変色の恐れを感じています。
このような車体の塗装に悪影響を及ぼす対策として思い浮かべるのはワックスやコーティングですが、じつはこれらの対策は車体に光沢を与え美しく見せるのが目的で、傷や変色の対策とは言えません。
車体をいつまでも新車のころの輝きで、劣化を防ぐ方法にプロテクションフィルムがあります。
これは耐久性や耐摩擦性に優れたポリウレタンフィルムに透明なアクリル系の粘着剤を塗布したもので、車体表面に薄い膜を作り塗装の劣化を防ぎます。
この膜は高い耐久性があり、3年を過ぎても車体をしっかり守り、5年を過ぎたころに膜自体に汚れが目立つようになっても容易に引き剥がすことで、綺麗で輝くボディを取り戻すことができます。
このようにプロテクションフィルムは、いつまでも新車のボディの輝きを維持する加工です。