車の美 追求講座

プロテクションフィルムについての情報がいっぱい!

プロテクションフィルムは高い?

プロテクションフィルムは高い? プロテクションフィルムとは、透明度が高くて衝撃吸収力がある、車の塗装面を守る厚手のフィルムのことです。
車は飛び石や紫外線、虫の死骸や鳥の糞などで傷が付いたり汚れたりしがちです。
しかし、このプロテクションフィルムを使用することにより、それらの傷や汚れから車を保護できます。
また、曲面や大きな面積でも施工できるので、ボンネットやフロントガラス、フロントバンパーなど車全体への施工も可能です。
プロテクションフィルムは高いといわれますが、実際にコーティングと比較するとかなり高額になります。
ただ、その金額は出せないという人でも、部分的な施工にすれば価格を安く抑えることもできます。
たとえば、爪や指輪などで傷つけることの多いドアノブの内側や、飛び石の被害が多いボンネットやフロントバンパーなど、ここだけという部分を中心にプロテクションフィルムを使用することにより、価格を抑えつつ大切な車を守ることができるのです。

プロテクションフィルム施工によるボディー保護コートのメリット

プロテクションフィルム施工によるボディー保護コートのメリット プロテクションフィルムは、車の塗装面を汚れや傷から保護出来る特殊な仕様のフィルムとなっています。
飛び石や擦り傷だけでなく、鳥のフンや虫の死骸、紫外線などからも塗装面を守る事が出来るのです。
プロテクションフィルムは、衝撃の緩和性にも優れているため、飛び石などからの保護にも有効となっています。
プロテクションフィルムの特性として、伸縮性や柔軟性に優れているため施工する箇所に制限が無い点もメリットです。
車のバンパーやボンネットといった曲面でも、問題なく施行できるのが魅力となっています。
汚れたり傷が付いてしまったフィルムについては、新しいフィルムに張替える事も可能です。
年数が経過したり、劣化が進んでしまったフィルムに関しては、張替えを行うと良いです。
以上、プロテクションフィルムは、車の塗装面の保護コートを目的として施工される特殊なフィルムとなっています。
車の塗装面の美観を長く保てる効果が期待出来ます。